元浅草にあった学校給食の人気メニューが味わえた「給食当番」

現在40代になった私は、小学校や中学校で授業より楽しみだった給食が、とても懐かしく思い出されます。
全国の20歳以上の男女を対象に、「思い出の学校給食の味は?」というインターネット調査が行われ、1691人の有効回答を得ました。

調査の結果、思い出に残っている給食1位が、くじらの竜田揚げや南蛮漬けなどのくじら料理でした。
最近では捕鯨規制の影響を受け、口にする機会が少なくなったくじらの味を懐かしむ方が多かったようです。

2位揚げパン、3位カレー麺などのソフト麺、4位カレーライス、シチュー、5位冷凍みかん、6位コッペパン、7位牛乳、8位牛乳に入れていた味付きの粉末“ミルメーク”と続きます。

お菓子感覚で食べられる主食として、2位の揚げパンは、子供たちが心待ちにしていたメニューの1つでした。 揚げパンが大好きな20代女性の「残った揚げパンをじゃんけんで取り合った」というエピソードが紹介されていました。

3時間目くらいになると、専用のエレベーターで運ばれてくる給食の匂いが教室に充満し、給食の時間が待ち遠しかった私は、授業に集中できませんでした。

「早く給食の時間にならないかな」といつも思っていた私が好きだったメニューは、揚げパンとカレーライス、スパゲティーで、朝からとてもワクワクしていました。

現代っ子に人気がある学校給食メニューは、私が給食で食べた記憶がないから揚げやオムライス、ハンバーグ、エビフライなどです。 これらは、ランチタイムに社会人が定食屋で注文するような豪華なメニューに匹敵し、何とも羨ましい限りです。 

さらに、もっと驚くのは、有名私立小学校や中学校のナイフやフォークを使って食べるフルコースの学校給食です。
西洋のマナーを駆使して食べるメニューは、さわらのソテーやカツレツ、コッペパンではなく、クロワッサンやフレンチトースト、デザートもアイスクリームやタルトが登場します。

40代になり、もう学校で給食を味わうことはできませんが、“昔懐かしい給食が食べられる店”をコンセプトにした元フレンチシェフがオーナーの「給食当番」がありました。

店名:給食当番
住所:東京都台東区元浅草1-44
電話:03-3847-0537

新御徒町駅から徒歩1分の「給食当番」は、750円から給食セットが味わえ、平日のランチタイムは、近隣オフィスで働く会社員の人たちでいっぱいになっていました。
まず運ばれてくる牛乳には、バナナやイチゴの味がついた粉末“ミルメーク”の小袋が添えられていました。

また、1500円のスペシャル給食セットを2名以上で注文すると、教室風のパーティールームに案内されました。
給食当番のドアを開けると別世界が広がる教室風パーティールームは、黒板と学校机、ランドセルがかけられた椅子がある教室そのものの風景がありました。

スペシャル給食セットは、くじらの竜田揚げ、カレーシチュー、肉団子スープ、ソフト麺、揚げパンとボリューム満点でした。
揚げパンは、砂糖、きなこ、ココア、シナモン、カフェラテから好きな味が選べました。

また機会があったら、ぜひ立ち寄り、「子供のころの懐かしい給食を思い出しながら味わいたいお店」と思っていましたが、残念ながら給食当番は閉店してしまいました。

給食当番は、またいつか「ぜひ再開してほしい」と思っているおススメのお店です。
懐かしい給食の雰囲気をもう一度味わいたいです。

岐阜県関市の定食レストラン「大戸屋マーゴショッピングセンター店」

先日、岐阜県関市にて仕事の休憩中に利用した定食屋さん、大戸屋を紹介します。

店名:大戸屋マーゴショッピングセンター店
住所:岐阜県関市倉知516 マーゴショッピングセンター シネマ館1F
電話:0575-21-0786

大戸屋は、肉料理・魚料理などの定食から、野菜を中心にしたもの、土鍋の定食や丼物まで、リーズナブルで和食の定食を楽しめるお店です。
今回、私が注文した「もろみチキンの炭焼き定食」もまた、数多くの定食メニューのひとつで、ジューシーなチキンをメインにした定食でランチタイムにぴったりでした。

大戸屋の定食メニューでは、ご飯は白米と五穀米のいずれかをチョイスするのですが、サイドメニューとして、しそひじきご飯、じゃこご飯などもあり、特筆すべきは、まぐろご飯を税込み390円で食べられるというバリエーションの多さひ驚きです。
もちろん、サラダや納豆、黒酢あんの小鉢料理やその他一品料理も豊富に取り揃えており、選ぶ楽しみもあって、何度も足を運びたくなります。

11時から23時までの営業時間で、ご家族連れや一人での利用も自由です。
店内は細かいところまで清潔感が現れていて、快適な食事の時間を楽しめます。
ドリンクバーも充実しているだけでなく、お弁当という形でテイクアウトができるのも魅力で、店内の混雑時にも利用できます。

この大戸屋は人気の定食チェーン店ですが、これからも、この岐阜県関市を訪れたときは、この大戸屋を利用したいと考えています。

みのや、岐阜県山県市高富 にある安くて大盛りの地元の人気店

店名:みのや
住所:岐阜県山県市高富1340
電話:0581-22-3232

みのやは、このあたりではかなり有名らしいデカモリ系の人気店です。
だいぶ年季の入った感じになっていますが、地元ではかなりすごいのでしょう。

みのやの一番のデカモリとしては、カツ丼が一番だといいますが、お店でかなり大きな体をした男の人が食べているのを覗いていましたが、それだけでもかなりでかい。

さすがにあれを食べきってしまおうというのは私は自信がないので、中華そばならイケるだろうと思い方向転換。

これなら大きくても大丈夫だろう。
と思っていましたが、これはやばい量。

みのやは中華そばも、普通のラーメン鉢の倍以上はゆうにあるレベル。
具も多いですし、面もかなり詰まっているような感じ。

みのやの味に関しては、昔ながらの中華そばでいいなあという感じなんですが、途中からきついきつい。
啜っても啜っても減ってかないラーメン、汁をどんどん吸っていきますので腹にどんどんダメージがたまっていく感覚。

それでも何とか頑張って間食しました。
しばらく動けない感じになりそう。

完全にデカ盛りメニューに挑戦しに行ったというところでしたが、みのやは味もいいので食べる量に自信がある人は是非お立ち寄りください。
私はしばらくいいです。(笑)

大戸屋 福島北矢野目店、福島市にあるアットホームな定食屋

私がおすすめの大戸屋メニューは「香味唐揚げ定食」です。
値段は890円です。
内容は肉汁たっぷりのジューシーな唐揚げ5つと、ご飯と味噌汁とおしんこです。

大戸屋のご飯は、大盛が無料です。
おかわり代はかかってしまいます。

ご飯に関しては、無料で『もちもち五穀ごはん』に変えられます。
プラス70円~80円増しであれば、『しそひじきご飯』や『じゃこご飯』や『とろろご飯』にできます。

また味噌は通常の味噌汁以外に3種類に変えられ、料金が180円プラスで『さつまいもの豚汁』や『たっぷり野菜の麦味噌汁』にでき、無料で『わかめのおすまし』にできます。
濃い味を好まなければ、このメニューがおすすめです。

大戸屋その他のメニューでおすすめなのが『しまほっけの炭火焼定食』です。
値段は1040円です。
魚の脂身がたっぷり出て、ご飯がとても進みます。

その他のメニューは「鶏と野菜の黒酢案定食」や『牛たんの炭焼き定食』や『もろみチキン炭火焼定食』もおすすめです。

大戸屋の接客は、普通の対応でした。
飲み水は通路沿いにあり、セルフで自分で足します。

座席数は60席あり、仕切りもあるので、周りを気にせずゆっくり食べられます。
駐車場は20台ぐらい停められて、やや広いので停めるが楽です。

店名:大戸屋 福島北矢野目店
住所:福島県福島市北矢野目原田58-4
電話:024-559-0255

コスパがいい!家庭料理を食べるならつくば市のくい亭に行くべし!

店名:くい亭
住所:茨城県つくば市上野701-2
電話:非公開

くい亭は、つくば市にある定食屋です。
筑波大学の近くにあり、ランチどきになると、近くの会社員や学生が長蛇の列を作ります。

くい亭が人気の理由は、ボリュームが多く味が良いわりに値段がとても安いこと。
600円くらいから一食頼むことができます。

くい亭の接客は、ハキハキしていてよい印象。

もつ煮込み定食やヒレカツ定食、ハンバーグ定食などの肉がメインのものやサーモンフライ、カキフライなどの魚介類がメインになったものまで種類はとても豊富です。

個人的には注文したチキンクリーム煮定食がおすすめでした。
家庭的な味でくせになります。

座敷とカウンターの席があって、くい亭は子連れでも入店できました。
また、注文してから料理が出されるまでそこまで待たずに済んだのもよかったですね。

ランチの時間を過ぎると夕方までは一旦お店は閉まりますが、夕方の開店時間になるとまた多くの人が列を作っています。

くい亭は駐車場の台数が少ないので、そこだけ注意ですね。
学生は自転車で来ている人がほとんどです。

くい亭は長く地元に愛されてきた、そんな印象の温かみのあるお店で、遠いところでは県外からもお客さんが足を運んでいます。
ホームページがあるわけではなく、口コミで人気が広まっているようです。

金沢文庫でボリューム満点の定食を食べるなら「市場食堂」で決まり!

店名:市場食堂
住所:神奈川県横浜市金沢区谷津町359
電話:045-785-9901

市場食堂は、金沢文庫駅前商店街の中にある定食屋です。

店内は壁一面に手書きの品書きが貼り付けられた、飾り気のない大衆食堂といった雰囲気ですが、市場食堂は、定食はじめ品数の豊富さとコスパの良さはなかなかのものです。

店名に「市場」と付くだけあって、刺身などの魚系メニューが人気で、物によっては夕方には既に売り切れになってしまうものもあります。

そんな中で個人的なお気に入りは、実は生姜焼定食です。
生姜焼というと、一般的には甘辛い味付けのものが多いのですが、市場食堂のものは、生姜の程よい辛味がきいたほとんど甘味を感じないタイプで、ビールにとてもよく合ってオススメです。

市場食堂の店員さん自体は市場を感じさせるほど活気のある雰囲気ではないものの、説明などもとても丁寧で感じも良いです。
女性などを連れていった際には、ご飯の盛り加減について予め確認をするなど、細やかな気遣いもしてくれるので安心です。

駅近で800円前後からボリューム満点の定食を食べることができるのは、なかなか魅力的ですし、市場食堂は単品料理も豊富なので、仲間内で酒を飲みながら楽しい時間を過ごすにもぴったりです。

JR市川駅付近でガッツリ食べたい時は、南口を出て市川食堂へ!

市川食堂は、JR市川駅南口にある人気の定食屋です。

おすすめメニューはなんと言っても、大ぶりのカツがどんと乗ったカツカレーです。
そのボリュームには男性もびっくりです。

市川食堂のカツカレーは1000円でおつりがくるというコストパフォーマンスの良さです。
ほかのメニューも、700~900円台です。

市川食堂の店内は、テーブル席、カウンター席のある庶民的な雰囲気。
店内は禁煙となっています。

男性客が多めですが、市川食堂は家族連れやグループならば女性客もいます。
注文は食券を購入後、お店の人に渡します。

行く時間よって、品切れになるメニューもあるので、要注意。
メニューの種類は豊富なので、何度も足を運びたくなります。

お店の方は3~4名いて、調理に2人、提供に1人という配置です。
人数の割に待ち時間はそれほどなく、市川食堂の料理は熱々で提供されます。
ご飯はおかわり可能です。

テレビが付いていて、皆で見ながら食べている感じが、なんとも良い雰囲気です。
お店の回転も良く、並んで待ったことはありません。
ただ、休日の夜などは混雑が予想されます。

市川食堂に行ったら、食べたりないなんてことはまずありません。
駅前でガッツリ食べたいお店をお探しなら、ぜひ市川食堂へ行ってみてください。

店名:市川食堂
住所:〒272-0033 千葉県市川市市川南1丁目1-1
電話:047-323-3645