炉とマタギ 新宿店、新宿東口で堪能する本格ジビエ料理

店名:炉とマタギ 新宿店
住所:東京都新宿区歌舞伎町1-6-3 石塚ビル6階
電話:03(6233)9396

新宿歌舞伎町入り口にある炉とマタギは、本格ジビエ料理の専門店です。

店内はそこまで広くはありませんが、窮屈さはなく半個室とカウンター、入り口入ってすぐに長テーブルがあります。
炉とマタギび店員さんは皆にこやかで元気いっぱい、色々な質問に対してもとても丁寧に説明してくれて好印象です。

ジビエと聞くと「肉が固い」「臭みがある」というイメージを持ちがちですが、炉とマタギで出されるジビエはどれもこれも本当に美味しくて「これ本当にジビエ!?」と思ってしまうほど。
淡路産の猪をはじめ、すべて国産のしっかり厳選されたお肉を使用しているので安心感も違います。

初めて行く方にはまず外せないメニューが『三獣奏』、お値段は1,800円くらいで猪やウサギ、鴨などその時々に仕入れられたオススメ3種ジビエの盛り合わせを塩、もしくは焼き味噌をつけていただきます。

豚や牛など家畜の肉と違って、たしかに脂身は少なく身は固いというより引き締まった感じですが、でも嚙み切れないというようなものではなく、むしろ歯ごたえがあるのに切れが良く、噛むほどにお肉本来の旨味を感じます。

3種では物足りないという人には『五獣奏』という5種盛り合わせもあるので、いっぺんに食べ比べたい方にはこちらがオススメです。

また炉とマタギにはものすごく珍しくて美味しいお酒も揃っていて、その中でも『猿酒』と『ジャム酒』というマタギの人たちが楽しんでいるという一風変わった酒があり、これは是非1度試して見て欲しいお酒です。

どちらも、一般的なお酒とはちょっと異なり、今まであまり飲んだことのない芳醇な甘みと香り、でもガツンとくる強さも兼ね備えた味わいです。

脂肪分が少なくてヘルシーなお肉をたっぷり食べて、珍しいお酒を飲む、『炉とマタギ 新宿店』は男性にも女性にも訪れて欲しい素敵なお店です。

深谷の創作酒場 橙やはもつ鍋が美味しいのでオススメ

深谷にある創作酒場 橙やは、もつ鍋が美味しいのでオススメです。

店名:創作酒場 橙や
住所:〒366-0824 埼玉県深谷市西島町2-4-8
電話:050-3469-8209

橙やは居酒屋ではありますがもつ鍋が美味しいです。

橙やでよく注文するのが、もちろんモツ鍋です。
価格は2人前1980円です。

出汁は3種類あり、醤油・ピリ辛味噌・鶏白湯から選べます。
その時の気分で味が選べて食べる事が出来るので、もつ鍋を何回頼んでも飽きません。

どれも、出汁が美味しいです。
その中で1番選ぶ出汁がピリ辛味噌で、辛すぎなくてちょっとピリ辛な感じがとても良いです。
食欲を増進させます。

もつは、新鮮なもつで柔らかくてとても美味しいです。
ピリ辛味噌と相性が抜群です。

そして、地元の野菜がたくさん入ってキャベツ・白菜・ネギ・ニラなどが入っていて美味しくて食べ応えもあります。

さらに、橙やは鍋の〆を注文することが出来て、ぞうすいセット・チャンポンセット・うどんセットが注文できます。
価格は300円です。

美味しい出汁でもつ鍋を食べた後なのでどれも美味しいですが、よく注文するのがぞうすいセットです。

ピリ辛味噌のぞうすいセットはとても美味しいです。
最初から最後まで美味しく食べることが出来ます。

そんな、美味しいもつ鍋が食べられる創作酒場 橙やはオススメできる飲食店です。

炙りDining ガブリス、大塚駅から歩いてすぐの最高に美味しい居酒屋

店名:炙りDining ガブリス
住所:東京都豊島区南大塚3-41-8 トーシン南大塚ビル 1F
電話:03-6907-1816

ガブリスはイタリアンを気取らずに楽しめるお店として、主にディナーに職場の仲間とよく訪問しました。

メニューが豊富で飲み放題付きのコース4500円のものをよく頼みます。

前菜盛り合わせ
サラダ
牛の中落ち炙り&ジューシー豚肩ロース炙り
魚介のアヒージョ(ニンニクオイル煮)*バゲット添え
チキン南蛮
ソーセージ炙り
ショートパスタのアラビアータ

これだけのボリュームでこの値段はなかなかありません。
ガブリスの店長もとても気さくな方で、メニューについての説明などをいつも楽しくしてくれますし、お店を出る時にはお土産をくれることもあります。

アラカルトでは「自家製パテドカンパーニュ」がガブリスおすすめで500円なのですが、臭みやクセが少なくとても濃厚でワインにぴったりなので、必ず頼みます。
ディナーの時はそのようにアラカルトを何品か頼むのがオススメですね。

そしてガブリスのランチの時は「牛中落ち丼」950円。
これがオススメです。

とても柔らかくて肉の味がしっかりしたローストした牛肉をたっぷりとご飯の上に乗せて特製のタレがかかっています。
これは本当に美味しいので一度試した方がいいと思います。

大阪の鶴橋でリーズナブルな価格で飲みたいなら、酒と揚げ天ぷらてんてん

店名:酒と揚げ天ぷらてんてん
住所:大阪府大阪市天王寺区下味原町3-5 3
電話:06-6772-4649

鶴橋といえば焼肉のイメージが強いのではないでしょうか。
焼肉だけではなく、様々な飲食店がある街です。
居酒屋なども多く、グルメなエリアなんです。

味を求めるのはもちろんですが、できれば安い方がいい。
そういう方におすすめなのが、酒と揚げ天ぷらてんてんです。
天ぷら料理をメインにしたお店なのですが、一品料理も豊富です。

酒と揚げ天ぷらてんてんに来たら、やはり天ぷらを食べてもらいたいですが、揚げたての美味しい天ぷらを食べることができます。

揚げ物ばかりはちょっとっていう人も安心してください。
海鮮系など、あっさりしたメニューもあります。
天ぷらを食べつつ、箸休めにもずく酢なんておすすめです。

酒と揚げ天ぷらてんてんは、全体的に値段は安価で、300円台と400円台のメニューが多めです。

ちなみにここのお店はランチ営業もしています。
ランチメニューも豊富で、天ぷらをメインにした定食。
他にも日替わりの定食や、国産生本まぐろ中落ち定食などがあります。

酒と揚げ天ぷらてんてんに来れば、食べたいものが必ず見つかるはずです。
リーズナブルな価格ですが、味は抜群です。

鶴橋ってこんなにレベルの高いエリアなんだと思ったほどです。
焼肉も良いですが、天ぷらを食べるのもおすすめです。
昼でも夜でも楽しめるお店です。

五反田にある土間土間のうどんとボンゴレが合わさった変わったメニュー

店名:土間土間 五反田東口店
住所:東京都品川区東五反田2-2-16富久屋・ニッカ共同ビル6F
電話:050-5595-2586

居酒屋の中ではどちらかというと珍しい、個性的なメニューを多く揃えている土間土間 五反田東口店ですが、ボンゴレうどんというのが実はかなりおすすめなのです。

ボンゴレと言えば、パスタのイメージがあると思うのですが、これは和風の料理に使うという点がかなり斬新です。
土間土間らしいという見方もできるでしょうけど、面白いアイデアだなと思って注文してしまったのがきっかけです。

うどんとボンゴレが合うか?どうかは別として、うどんとボンゴレそれ自体は実に美味しかったです。
うどんは焼うどんみたいな感覚で食べられて、ちょっと香ばしさも感じるような味です。

そして、ボンゴレに関しては多く乗っているので、こちらも十分に楽しむことができますし、身がしっかりしていて味つけもちゃんとしているのでこちらも美味しいと思います。
ボンゴレのあさりに関しては醤油の風味が特徴的と言えると思うのです。

したがって、うどんとボンゴレの組み合わせがすごい合っているか?というと、まあまあかな?という感じではあるのですが、うどんとボンゴレを別にして考えるとどちらも美味しいので、結果的には十分に満足できる味でした。

筒、高知県高知市にある知る人ぞ知る魚がとてもおいしい店

店名:筒
住所:高知県高知市枡形4-4
電話:088-824-9055

高知県高知市にある筒という居酒屋です。
筒は、電車通りに面していて、わかりやすいです。

小さい店なので、たくさんのお客さんでいつも混んでいます。
行く場合は、予約を指定行くことをおすすめします。

予約をしていない場合は、たまにはいることができるのですが、予約をしたほうが安心です。
こじんまりとしていて、とても落ち着ける空間となっています。

筒は、どの料理を全て手作りなので、とても感動することができます。
特におすすめをしたいのは、なんといっても海鮮です。

どの刺身を注文しても絶品なのです。
そのひと切れが大きい事と、食べると新鮮さにびっくりします。

筒の近くには市役所や県庁がありますが、その人たちも常連として通っていることが多いです。
常連さんが多いので、予約が必須の店ということですね。

筒の美味しさは、どの料理も絶品なのですが、ちょっと時間がかかるのですが茶碗蒸しがおいしいです。
具材がゴロゴロはいっていて、どの具材も美味しいし、食感がたまりません。

ほんのりとして味付けで、一度食べるとまた食べたくなる、そんな風味を感じることができる茶碗蒸しです。

高知市はりまや町にある大黒堂、かつおのたたきはここが一番!

店名:大黒堂
住所:高知県高知市はりまや町1-7-5
電話:050ー5303ー4389

大黒堂は、高知県人だったらほとんどの人が知っている店です。

大黒堂は、建物が商店街からちょっと離れたところにあります。
高知駅から歩いて行けるところにあることも県外の人たちも直ぐにくることができると人気の店なのです。

ちょっとわかりにくいところにあるのですが、大黒堂の建物を見ると懐かしい気持ちになることができます。
いわゆる古い建物なのです。

居酒屋としてとても雰囲気を醸し出した建物なんですね。
そのため、その雰囲気は中はどんな感じなのかと興味津々の気持ちになることができます。

大黒堂の中に入ると、いついってもほとんどお客さんがいっぱいです。
それは、やっぱり雰囲気がいいことと、味がいいことです。

特に有名なのは、かつおのたたきです。
高知というと、なんといってもかつおですね。
高知にきたらかつおを食べないと、もったいないです。

それは高知のかつおはやっぱり美味しいです。
ほかの地域でも、かつお料理がありますが、高知県人は胸を張ってここが一番と思うことができます。

大黒堂のかつおのたたきは、あぶりがいいので生ぐささを一切感じません。
味を堪能できる塩で食べましょう。