東京都西多摩郡、ゆで太郎 瑞穂店は多方面の方に人気ある蕎麦店

店名:ゆで太郎 瑞穂店
住所:東京都西多摩郡瑞穂町長岡1-1-1
電話:042-557-8513

西多摩郡の瑞穂町長岡に店舗を構えている「ゆで太郎瑞穂店」は、和食を中心に料理を楽しむことができ、24時間営業であるのでライフスタイルやライフワークに合わせて食事をすることができます。

ゆで太郎の店舗については箱根ヶ崎駅より少し離れた場所にあるため、アクセスするのであればバスやタクシーを使い向かうかバイクや車などで行くのがおすすめであり、駐車場もあるので安心して停車ができます。

店舗内は広々していてカウンター席をはじめテーブル席とかが多めであり、多くの人達を収容できるスペースがあるため、大人数での来店も可能となっています。

ゆで太郎の店員の方々の接客態度も良く、愛想が良い人達が多く店主の方も面白い方であるため、コミュニケーションを取りつつ美味しい食事をすることができます。

ゆで太郎おすすめのメニューに関しては、かきあげセイロ、カレーライス、かつ丼、肉そば、カレーそば、各種ミニ丼セットなどになっていて他にも多数ある感じとなっています。

ソフトドリンクとかお酒類も多く取り扱っているため、ちょっとした宴会をするにも最適な店舗となっているので、遠出してきた方もここで食事をしつつお酒も楽しめます。

中華そば 中村屋、大垣市寺内町にある人気の中華そばのお店

店名:中華そば 中村屋
住所:岐阜県大垣市寺内町2-58-1
電話:0584-73-3558

中村屋は、大垣の中でも屈指の人気店であるラーメン屋さんです。
なんでも、中村屋の店主は有名ラーメン塾の出身ということで、この時点でかなりおいしい感じが漂ってくる感じがします。
注文は食券を買ってお会計というよくあるラーメン屋さんのシステムです。

お昼に中村屋に行ってみたのですが、結構なかんざつっぷり。さすが人気店だけあって機体が持てるといった感じでした。

つけ麺もありましたが、中村屋では中華そばを注文。
見た感じは昔ながらの中華めんといった感じですが、魚介の味がしっかりとしみこんだスープが特徴です。
エビなどのダシを使っているようで、それがなかなかいい味を出していると思います。

具材には、もやしやネギ、メンマといった至ってシンプルな構成でありますが、こちらもなかなかいいところ。
野菜はしゃきしゃき感がしっかりしていて、食べごたえあり。

チャーシューも脂身にうまみがよく乗っていますので、これまたおいしい。
すべてに満足でしたので知るまで全部完食しました。

中村屋に今度行くときにはつけ麺の方もどんな味なのか気になるので、逝ってみて味を確認してみたいところです。

東京駅キッチンストリートの釜たけうどん 八重洲北口店は本格讃岐!

店名:釜たけうどん 八重洲北口店
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 キッチンストリート1F
電話:03-3212-9056

釜たけうどんは、東京駅八重洲北口すぐのキッチンストリート内にあるミシュラン獲得のうどんの人気店です。

キッチンストリートには、人気の名店がさくっと立ち寄れる業態で営業されていて、移動の途中や待ち時間に立ち寄りやすいのが嬉しいんですよね。
平均して回転率がいいため、行列ができていても待ち時間はそう長くないことが多いです。

さて、こちらの釜たけうどんは、大阪のお店らしいのでですが、讃岐うどんなんですね。
大阪のおうどんは柔らかめなのが特徴のひとつですが、釜たけうどんは噛みごたえのある太くてこしのあるガツンとした麺です。
切りたて、茹でたてを提供してくれます。

釜たけうどんの種類は多く、うどんの他にカレーや関西風の美味しい、しみしみおでんもあります。
夕方5時以降にはアルコールもいただけます。
美味しいおでんをアテに一杯飲みも可能ですね。

釜たけうどんのランチの時間帯は、小さい丼ものとのセットメニューがあり、ちくわとたまごの天ぷらにかぼすがのったちく玉天うどんにねぎトロ丼が付いたセットメニューやちく玉天うどんにカレーが付いたもの、ざるうどんのセットメニュー、きつねうどんのセットメニューなどあります。

通常の単品と比較するとランチメニューはかなりオトクです。

釜たけうどん人気のメニューは、ちく玉天うどんのようで多くの方がちく玉天うどんをオーダーしていました。
たまごがとろとろの半熟で大きなちくわの天ぷらもボリュームが入っていて美味しかったです。

カレーうどんもとても美味しそうでした。
キムラ君というキムチ、豚バラがのった変わり種うどんもありましたよ。
すべてのおうどんは温冷どちらもあります。

埼玉県北葛飾郡杉戸町、大勝軒しのやは期待を裏切らない名店

店名:大勝軒しのや
住所:埼玉県北葛飾郡杉戸町北蓮沼497
電話:0480-38-4545

大勝軒しのやは、埼玉県杉戸町にあるラーメン屋さんです。
元々はコンビニの居抜き物件でしょうか、店内はなかなか広いです。

大勝軒しのやの座席数は50席を超えるでしょうか、カウンター席、テーブル席、お座敷があります。
シチュエーションや人数に合わせて席を選ぶことが出来ます。

ただ繁盛店ですので、大勝軒しのやの昼時は多少待たされることを覚悟した方が良いかもしれません。
その際外にベンチがあり、メニューを選びながら待つことが出来ます。

私の個人的なおすすめメニューは、やはりつけ麺です。
大勝軒といえば、つけ麺ですよね。

大勝軒しのやのつけ麺はつゆの甘味が割と強いです、麺はあの太いうどんのようなやつです。
これが非常に合うんですね。

スープの中には味玉やメンマ、海苔、そしてこれでもかと細切れのチャーシューが入っている贅沢な仕様です。

価格も良心的でコストパフォーマンス高いです。
まさに食いしん坊万歳、食べるのが大好きな人にはたまらないお店です。

大勝軒しのやはサイドメニューも充実していて、煮込みや餃子などちょい飲みには嬉しいメニュー構成です。
デザートもプリンもこれまた絶品。
特に女性には喜ばれるのではないでしょうか。

最後になりますが、こちらの大勝軒しのやは接客も抜群です。
皆さん、元気があっていつも気持ち良く食事をすることが出来ます。

満州軒、岡垣町の国道沿いで人々を迎え続ける老舗店舗

かつては国道3号線として九州の基幹国道だった今は国道495号線ぞいに、満州軒はあります。
ザ・ドライブインという感じのたたずまい。

満州軒の広い駐車場が、かつてのこの国道の交通量を想像させてくれました。
満州軒は、今も国道沿いでドライバーや地元のお客様に愛されています。

メインのラーメンは、しっかりと豚骨ベースのスープを基調としながらも、どこか懐かしい感じのあるややさっぱり風味。
満州軒の麺は極細ではなく中細麺となっています。
北九州や熊本で好まれる麺ですね。

シンプルにきくらげ、チャーシュー、もやし、ネギが入って500円というワンコイン価格です。
餃子とめし、もしくはおでんとめしが付くと+300円で800円になります。
ランチ価格としてはリーズナブルといえます。

満州軒で面白いのが、おでんがあるところですね。
1本100円となっていますので、ラーメンが来るまでの前菜的な感じで食べるのもいいでしょう。

他には、黒山ちゃんぽんと呼ばれるチャンポンが名物です。
意外に495号はラーメン屋さんが転々としています。

チャンポンで650円は界隈でもかなりお安くお得サイズなのでガッツリ食べたい方はこちらがオススメです。
同じくセットメニューもあります。

店名:満州軒
住所:福岡県遠賀郡岡垣町黒山1347-1
電話:093-283-4116

長野県茅野市のテンホウ塚原店のおすすめメニュー3選

テンホウって?

テンホウは、長野県のラーメンチェーン店です。
料金もリーズナブルな値段で美味しく食べることができます。

テンホウ店内の雰囲気は、サラリーマンの方やファミリーの方が多く和やかな雰囲気です。
一人でも気軽に入れるラーメン屋さんです。

接客もいらっしゃいませに、ありがとうがざいましたなど挨拶もしっかりしていて丁寧に対応してくれます。
注文してからも早いのがサービスのいいところです。

定番の醤油ラーメンに味噌ラーメンから担々麺など。
ラーメンだけでなく野菜炒めや餃子定食などメニューも充実しているラーメン店です。

テンホウのおすすめメニュー

テンホウのおすすめメニューには、醤油ラーメン、ミニラーメン定食、餃子定食があります。

醤油ラーメン

醤油ラーメンは、テンホウのラーメンメニューの中では、一番値段の安いラーメンになります。
値段の方は、390円です。

食べやすくてスープも飲みやすいです。
後味があっさりしていて美味しいです。
あっさりが好みの人には、おすすめです。

ミニラーメン定食

ミニラーメン定食は、野菜炒めにライス、ミニラーメンが付いてきます。
あと漬物と半熟卵が付いています。
値段の方は、770円です。
お腹いっぱいにたくさん食べたい人には、おすすめのメニューです。

餃子定食

餃子定食は、餃子にライス、漬物と半熟卵、そしてスープが付いてきます。
値段の方は、670円です。
テンホウの餃子は、柔らかくて美味しいです。

テンホウのアクセス情報

店名:テンホウ塚原店
住所:長野県茅野市塚原2-5-13
電話:0266-73-5221

鳴門うどん南大分店のコスパは最強です!

店名:鳴門うどん南大分店
住所:大分県大分市豊鐃282-1
電話:097-543-4036

大分県内でチェーン展開しているうどん屋さんになります。
鳴門うどん南大分店の一番の魅力は何と言ってもそのコスパの良さです。

金額が変わらずに、うどんの量を変えることが出来ます。
最高3玉(約900g)まで同じ値段です。

じゃあ、元々の値段が高いんじゃない?味が落ちるんじゃない?なんて声が聞こえてきそうですが、鳴門うどん南大分店は違います。
鳴門うどん南大分店の値段は、うどんと丼ぶりのセットでも1,000円以内で収められます。
この丼ぶりの量も普通の丼ぶり屋さんと比較しても同じくらいか、むしろちょっと多いくらいです。

お店によって、多少の品揃えの違いはありますが、鳴門うどんは天丼・親子丼・牛丼・かつ丼の定番が揃っています。
軽めにおにぎりやおいなりさんもあり、カレーまである店舗もあります。

うどんはコシのある讃岐うどんに近く、九州では珍しいです。
出汁も薄めの味付けで子供から大人まで美味しくいただけます。

味は個人個人で多少の好き嫌いはあるかもしれませんが、万人受けすると思います。
また、鳴門うどん南大分店の店内では1つ70円でおでんも販売しています。
味がしみ込んでいて、寒い季節にはついつい食べ過ぎてしまいます。