白龍(パイロン)本店、岩手県盛岡市にある盛岡じゃじゃ麺の老舗

盛岡の誇るソウルフードじゃじゃ麺の元祖・本家と言えば白龍です(諸説あり)。
白龍は、駅ビルやデパートにも出店していますが、老舗の雰囲気、特に良い意味での匂いを感じていただくなら是非本店に足を運んでもらいたい、ただ盛岡駅から歩くと20~30分程度かかります。

メニューは1つではないのですがほとんどの方は「じゃじゃ麺」一択でしょう。
平打ち麺にキュウリ、ネギ、肉みそ、おろししょうが、紅ショウガのシンプルな構成のまぜそばタイプ。
そのままだとややぼんやりとした素朴な味に感じるかもしれません。

ポイントは調味料による味変。
私は酢を3周、ラー油を2杯、にんにくを1さじでちょっとガツンとした尖った味に変えます。
このように何度か白龍に足を運ぶことで、自分の好みの味を探り当てるのがこの商品のだいご味です。

なので、特に初めての方を白龍に連れていくと美味しさに関しては「そこまで???」という方も一定数いらっしゃるのも事実です。
盛岡に住み始めた方には「とりあえず3回くらい通ってみようか」と勧めています。

ちなみに、じゃじゃ麺本体を食べ終わった後はその皿に卵を割り「ちいたんたん」という卵スープを作るのですが、こちらもデフォルトではかなりの薄味です。
塩、こしょうなどで自分の味を探りましょう。

「何度か足を運ぶ」「自分で美味しくするポイントがだんだんわかる」「美味しくできたからまた足を運ぶ」「ますます美味しくするポイントを発見する」…のループに入ったときには、いわゆる中毒になっていることでしょう、いい意味で。

価格は小盛510円、中盛610円、大盛710円。
ちいたんたんは60円です。

私が白龍に通い始めた30年ほど前は、常連が集う老舗のお店という感じで、食べ方とかも見様見真似で覚えた記憶がありますが、最近は初めての方にもとても優しく丁寧に接客している姿をよく見かけますし、食べ方のリーフレットなども充実しています。
初めてでも戸惑うことはないでしょう。

白龍、是非ご賞味いただきたいです。

店名:白龍 本店
住所:岩手県盛岡市内丸 5-15
電話:019-624-2247