浮気の証拠写真

不倫しているとわかっていても、相手から「それは浮気じゃない」と否定されればそれまでです。
たとえ何かのレシートがあっても、メールがあっても、です。

「自分のレシートじゃない、誰かのが紛れ込んだだけ」
「メールは言葉遊びを楽しんでいるだけ」
と言われればそれまでなのです。

実際浮気の証拠として有効と言われているものはずばりホテルの出入り写真、動画が一番確実でしょう。
ホテルは利用せず相手の自宅を利用している場合がありますが、これは物証としてはちょっと厳しい面もあります。

というのも自宅というのは性行為をする場所というわけではないので、用事で行った、家族が他にもその場にいたと言われたらそれまでです。

とはいっても、2人きりで一晩過ごした証明になる写真があれば、浮気の証拠として成り立つと思います。
一番してはいけないのは、誹謗中傷を広めたり、相手のことを必要以上に探ってストーカーのようなことをすることでしょう。

いくら情報が知りたいからといって相手の携帯電話を操作したり、勝手に盗みみたりはエスカレートすると、修復は不可能どころかプライバシーの侵害になってしまいます。

浮気の証拠の写真を撮るというのは、案外難しいものなのです。
我慢強さと冷静さが必要だと思います。

参考:浮気 証拠写真

浮気の証拠写真の撮り方

探偵に調査を依頼しますと、とても迅速に対応してもらう事ができます。
尾行をしてもらうだけで、証拠などをつかんでくれますし、きちんと写真もくれます。

それを離婚調停に出せば、慰謝料をもらう権利も出てきますので、浮気をされてしまった方にとっても、有利な展開となります。

どんなに仲睦まじく暮らしていた相手でも、浮気が原因で、一気に相手への愛情が憎しみに変わってしまうというケースは多いです。

憎しみに変ったり、とても大きな心の傷となる事が予想され、そういった方の救済方法として、慰謝料というものが用意されているのです。
しかし、これには浮気の証拠が必要です。

多くの場合、その証拠となり得るのは、現場の写真だと言えます。
写真があれば、相手も不貞行為を認めざるを得ません。

知らない異性とスキンシップをしている姿や、ホテルに入る姿をショットしてもらう事で、慰謝料の対象となりますので、とても有利です。
浮気の証拠の写真の撮り方は、探偵による尾行によってなされます。

一人の探偵が、個人で尾行をやるケースもありますし、チームワークで分担しながらやるケースもあります
探偵事務所に依頼に来た依頼者を、クライアントとも言いますが、クライアントは、いつまでに調査を完結してほしいという要望を出す事ができます。

探偵は、その期間までに、何とか調査を終えようとしてくれます。
無事に調査の結果がつかめましたら、調査結果報告書としてまとめてくれます。

浮気の証拠になる写真

多くの方が、個人的に浮気調査をするよりも、プロの探偵団に頼んでいるようです。
そのため、ご自分でやるよりも、かなり成功率も高く、証拠をとらえる事ができるのです。
裏切り、不貞行為は嫉妬にもつながります。

結婚されている方たちだけではなく、今、付き合ってカップルの方たちの中でも、探偵などに調査を依頼して、浮気の証拠写真をつかんでもらうという方が多いです。
調査の基本は、探偵団による、尾行です。

一般の方では見失ってしまったり、ばれてしまう事が多く、何かと失敗やリスクも多い尾行ですが、プロの探偵団に頼めば、とても上手にやってくれますし、ばれてしまうような危険性も防げます。
尾行がばれてしまいますと、やはり相手にいい気はしませんし、さらに険悪なムードになってしまう事もあります。

きちんと浮気の証拠写真が撮れるまでは、調査をしているという事実がばれないように、うまくやっていかなければなりません。

それには、プロの探偵団に頼むのが一番効果的なのです。
なぜ調査を依頼するのかというと、やはり探偵の方に写真などを撮ってもらう事で、はっきりとした物証がつかめるからです。

相手の浮気の可能性が高くても、物証がないまでは、はっきりと断定できません。
探偵の方にしっかりと責任持って調査をしてもらう事で、全て事実がはっきりします。

最後に調査結果報告書と証拠写真を出してもらう事もできます。