時計買取で人気のアンティーク時計

時間を知るためのツール、時間を計るためのツールとして開発され現代人の多くに愛用されている腕時計。
世界規模で取引が行われている人類が生み出した最も巨大な産業の一つと捉えることができます。

腕時計はいつでもどこでも正確な時間を計ることができるという実用面はもちろんのこと、趣味の要素やファッションの要素も強く年齢や性別を問わずに幅広い国と地域で利用されています。

年配の男性が好むような高級感と重厚感にあふれるようなタイプもあれば、若い女性が好むようなラグジュアリー感の強いタイプも存在しています。
そのため腕時計の市場はとても大きなものであり、時計買取市場も同時にとても大きなものとなっているのです。

参考サイト:時計買取

中古市場においてその中心的役割を担っているのが何かご存知ですか?
最も人気の高い分野の一つがアンティーク時計です。
アンティーク時計は、どの時代に作られたものからをアンティークと定義するのかという難しい問題があります。

機械式は1900年の初頭から作られていますが、その後時代の流れとともに急減に進化を遂げており、デザイン機能ともに短期間で急激に進化を遂げてしまったものをアンティークと定義するのは困難であるといえます。

年代別・時代別に考えるならば、1950年代以前に作られた製品はアンティーク時計と定義しても違和感がなく、また1950年代以前に作られたものが人気も高くなっています。
歴史を年代別・時代別に見てみますと1950年が節目の年である事がよくわかります。

それまで腕時計の内部構造といえば機械式がスタンダードだったのですが、1960年台になるとデジタル式が急速に増え始めてきます。
ポップでカラフルなデザインなど現代風のファッションウォッチが急激に増加しているのです。

また、機械式の製造業者にとって大打撃となったクオーツショックが起きたのも1960年代となります。
1950年代以前に作られた機械式は、それ以降に作られたものと趣向が大きく異なるため、アンティーク時計として高い人気があるのです。