満州軒、岡垣町の国道沿いで人々を迎え続ける老舗店舗

かつては国道3号線として九州の基幹国道だった今は国道495号線ぞいに、満州軒はあります。
ザ・ドライブインという感じのたたずまい。

満州軒の広い駐車場が、かつてのこの国道の交通量を想像させてくれました。
満州軒は、今も国道沿いでドライバーや地元のお客様に愛されています。

メインのラーメンは、しっかりと豚骨ベースのスープを基調としながらも、どこか懐かしい感じのあるややさっぱり風味。
満州軒の麺は極細ではなく中細麺となっています。
北九州や熊本で好まれる麺ですね。

シンプルにきくらげ、チャーシュー、もやし、ネギが入って500円というワンコイン価格です。
餃子とめし、もしくはおでんとめしが付くと+300円で800円になります。
ランチ価格としてはリーズナブルといえます。

満州軒で面白いのが、おでんがあるところですね。
1本100円となっていますので、ラーメンが来るまでの前菜的な感じで食べるのもいいでしょう。

他には、黒山ちゃんぽんと呼ばれるチャンポンが名物です。
意外に495号はラーメン屋さんが転々としています。

チャンポンで650円は界隈でもかなりお安くお得サイズなのでガッツリ食べたい方はこちらがオススメです。
同じくセットメニューもあります。

店名:満州軒
住所:福岡県遠賀郡岡垣町黒山1347-1
電話:093-283-4116