広尾 すし家、マンション内にある隠れ家的な寿司店

店名:広尾 すし家
住所:東京都渋谷区東4丁目6-5 ヴァビル301
電話:03-3406-7301

知人に紹介してもらったお店のあの辺は、広尾なんだか恵比寿なんだか、とにかくマップを見てもピンと来ず、絶対に自力で辿り着く自信がなかったためタクシーで伺いました。
到着してみるとなんの変哲もないただのマンションで、看板も表札もなにもない。
知人から予め聞いてはいたものの、本当にここなのかと不安に思いつつ301のインターホンを鳴らし、中に通される。

こちらは「広尾 すし家」さんです。
お寿司屋さん。
確かに隠れ家だわ。
広尾 すし家のことを知らない人は、ここに鮨屋があるなんて考えもしないだろうなぁ~。

エレベーターが開くともう、広尾 すし家です。
エレベーターのドアが、お店のドア。
1LDKとおぼしき間取りの中にカウンターと個室があります。
今回は知人の紹介でしたが、広尾 すし家は一見さんも大歓迎なのだそうです。

メニューはなくおまかせのみ。
おつまみと握りなら15000円、握りのみなら10000円でした。
ドリンクはセルフで、飲み放題で料金に組み込まれているシステム。
日本酒や白ワインなどありました。
広尾 すし家、変わった形態のお店ですよね~。

飲み放題込みということでおつまみ付きの方をお願いしました。
お刺身はえび、かつおだったかな?それから前菜のような感じで鮎の干したもの、明太子、たまごやき、など。それからかますを焼いたものなど、少しずつちょこちょことおつまみが出た後いか、えび、とろなどの握りが6種類と小さい椀にうにいくら丼。

うにいくら丼は普通においしかったけど、それ以外は際立つものも特になく、お値段の割りに使っている食材がチープで悪意すら感じました。
みなさん雰囲気に騙されてる気がする。