代々木上原、青の創作料理は漏れなく美味しいと評判

店名:青
住所:東京都渋谷区西原3 -24-12
電話:03-3485-8808

代々木上原には大人が集う名店がひしめき合っていますが、「青」もその中のひとつです。
青は、代々木上原駅より徒歩5分ほど。
代々木上原自体アクセスが良くないのですがわざわざ出向く価値のあるお店だと思います。

青の店内はそう広くなく、ドアを開ければカウンター。
カウンターの奥にテーブル席がふたつあります。
キャパは広いとは言えないため予約は必須です。

居酒屋さんというより和食店、創作料理を出してくれるお店です。
青には雑誌だかなんだかで見ていつか食べたいと思っていた「うにいくら丼(1600円)」をお目当てにやって来ましたが、とにかくメニューが豊富で全部美味しそうで迷いました。

刺身の盛り合わせ(3500円)は、どれも新鮮で色が綺麗でとてもおいしかったです。
確か金目など数種類ありました。

厚焼き玉子(650円)は蒸し器で蒸されているようで、もうほわっほわ。
出汁が効いていてとっても優しいお味。

甘海老のうに正油かけ(900円)は甘海老とうにというまったりコンビがとても合う!
新発見です。

甘海老帆立と百合根のうにソース焼き(1400円)は帆立と百合根の食感が面白く甘海老の甘みとうにの磯の香りがたまらない逸品。
白子と季節の野菜天ぷら(1000円)は白子の天ぷらが最高すぎて白焼きと迷いましたが天ぷらにして正解でした。

そしてうにいくら丼。
なにかの雑誌だかで見たまんま、丼にところ狭しと敷き詰められれたうにうにうに!
散らされたいくらとのコントラストが色鮮やかです。
うにはひと粒ひと粒がしっかりしていていいうにだというのが一目でわかります。

どれをいただいても美味しく笑顔がこぼれてしまう、青さんはそんなお店でした。