那須郡那須町、隠れ家的な蕎麦屋「ふくろう」。

自然たっぷりの那須はやはりお水がきれいなこともあり、おいしいお蕎麦屋さんがいくつもあります。
その中で今回ご紹介するのは、「ふくろう」というお蕎麦屋さんです。

店名:森のそば屋 那須 ふくろう
住所:栃木県那須郡那須町高久乙1858-42
電話:0287-78-2961

通りすがりに、ふくろうの看板を見つけ車で行ってみたのですが、正直道はわかりにくいです…。
というか、車2台すれ違うのは厳しいなという狭い道なので、「え?ここ?こっちで合ってる?」と不安いっぱいで進みました。
お店自体はなかなか立派な古民家風という感じで、駐車スペースもしっかりあるので道さえ進めれば大丈夫です。

ふくろうのメニューはオーソドックスな皿そば(900円)、それより多い板そば(1300円)、とろろそば(1200円)など。あまり多くはない印象でした。
おそばは十割そばでしっかりしていますが、食べやすく板そばでも女性一人でつるっといけちゃうと思います。
添えられているお漬物は少ししょっぱめの手作りで、田舎のおばあちゃんのおうちに来たからのようなほっこり感が味わえます。

なんといっても名物は「那須のばあば」とも言われている、ふくろうのおばあちゃんでしょうか?
たまたま私たちが行ったときには他のお客さんがいなかったこともあり、最初から最後までずっとお話ししていました。
食べ終わってからも一緒に座り(笑)、那須のことや交流のある芸能人のことなど話題は多岐に渡り、楽しいひと時を過ごすことができました。

おばあちゃんとはいえ話し方などとても元気でしっかりしていらっしゃり、とても頭が良い方なんだろうなという印象です。
子供たちには食後にアイスをくださいました。

すっかり話し込んだこともあり、ふくろうは次回もまた「来よう」というか「帰って来よう」と思えるようなお店です。