ヴィア・デル・ボルゴ、静岡市葵区常磐町にある指折りの雰囲気良好イタリアン

郊外の雰囲気重視なイタリアンといえば、静岡ではヴィア・デル・ボルゴが一押しです。
常盤公園ちかくにあるのですが、ガラス張り×オープンテラス有りとあって、そののどかさを食事をとりながら十分に堪能できます。

ヴィア・デル・ボルゴ店内も色を基調にした素敵な空間に。
記念日や大切な人とのデート、結婚パーティーなど、人生を彩る様々なシーンで活用したくなるお店です。

店名:ヴィア・デル・ボルゴ
住所:静岡県静岡市葵区常磐町3-2-7
電話:054-221-7666

イタリアンといえば高級なイメージが強いかと思われますが、ヴィア・デル・ボルゴのランチは2000円代で頼めるものもあります。
それでもちゃんと前菜やスープ、コーヒーにデザートまでついてくるので、コストパフォーマンスは素晴らしいです。

一品一品の量はちょうどよく、多すぎないので女性でも全てのメニューを最後まで楽しめるボリュームです。
メニューはその時その時に旬の食材を使われているので、主にランチなど結構変わります。

ですので一番のおすすめはつけがたいものの、旬の食材を上手く活かしている点で安心できますし、毎回新しいおいしさを発見できるという楽しみもあります。
ヴィア・デル・ボルゴはオープンなお店だと前述しましたが、個室も用意されていてひっそりゆっくり過ごしたい人たちにもいい環境です。

京都市中京区、サイゼリヤ四条寺町店で安定のイタリアンランチ

店名:サイゼリヤ四条寺町店
住所:京都府京都市中京区寺町通四条上ル中之町559菊水ビル2F
電話:075-213-1413

サイゼリヤ四条寺町店はビルの2階に位置し、決して広いわけではありません。
場所柄か客層も家族連れというよりは、若者が多いお店です。
常にお客で賑わっていて、ガヤガヤした雰囲気も良さのひとつです。

サイゼリヤはメニューが豊富なのでいつも選ぶのに苦労しますが、この日は割とすんなりと決まりました。

まずはいつもの白菜のピクルス(200円)からいきます。
程よい酸味と歯ごたえがたまりません。

もちろんサイゼリヤで人気の小エビのサラダ(350円)も注文します。
メニューにはLサイズもありますが、色々と食べたいので普通サイズでいきます。

次に注文したのはサイゼリヤ新登場のイタリア風もつ煮込み(350円)です。
トロトロに煮込まれたもつは臭みもなく、豆好きとしては白いんげん豆が入っているのも嬉しい点でした。

スープには季節限定というマッシュルームのスープ(150円)を選びました。
驚くくらい口一杯にマッシュルームの風味が広がって、是非定番メニューにしてほしいくらいでした。

そして最後に定番のマルゲリータピザ(400円)を注文しました。
言うまでもなく安定の美味しさです。

サイゼリヤの良さは、いつも驚きがあることです。
メニューについても価格についてもいつも満足しています。

たん担めん麺 炎真、JR常磐線亀有駅前でお好きな辛さの坦々麺に挑戦

JR常磐線亀有駅前のビル1階にあるのが、坦々麺のお店「炎真」です。
炎真の坦々麺は、しっかりと胡麻と山椒が効いており、普段なかなか食べられないようなスパイシーなラーメンを食べられます。

価格は平均的なラーメンと同じくらいの850円ですが、炎真はスープの辛さを10段階から選無ことができます。
一度辛さ7を頼んだのですが、辛いものがまあまあ得意な私も、水を飲みながら頑張って食べるほどちゃんと辛いスープでした。

ですが、辛さ控えめ(1〜3)を頼めば、辛いものが苦手な方でも十分に食べれる辛さです。
また、卓上に山椒が置いてあり、痺れる辛さを追加したい場合は自分で調整することもできます。

サイドメニューである餃子も、しっかりと味がついた餃子で、価格も200円とお手頃なため、坦々麺と相性が良いのでいつもつい頼んでしまいます。

炎真の接客は、いつも2〜3名で行っており、いつも笑顔で非常に気持ちの良いサービスです。
人気の店の割りにそこまで待たされることもなく、炎真はお昼時でも10分程度で入れるため急ぎの時でもお勧めです。

店名:たん担めん麺 炎真
住所:東京都葛飾区亀有3-26-1 リリオ館 1F
電話:050-5595-2166

ワンコインランチ ハピネス、春日井市にあるコスパ抜群の家庭料理が味わえる食堂

店名 : ワンコインランチ ハピネス
住所 : 愛知県春日井市東野町10-11-12
電話 : 090-3888-4442

ワンコインランチ ハピネスは、まるでお友達のおうちにお昼を食べに来たような、家庭的な雰囲気がただようこぢんまりとしたお店です。
8名程度のテーブルカウンターと2つのテーブル席で、ランチメニューも4つのみですが、そのすべてがワンコインの500円でいただけます。

ハピネスのワンコインランチは、ロコモコ丼、どて丼、お赤飯、餃子や焼き魚などのアラカルトのおかずから3種類を選ぶセットランチの4つです。
すべてにスープや汁物もつき、栄養バランスも満点です。

家庭的なお料理は、一人で切り盛りするハピネス店主さんが一から丁寧に作っており、人の手で作られたあたたかみの感じられる美味しさです。
野菜もたっぷりで人の手もかかっていますので、お昼休みにあたたかい家庭料理をいただきたいサラリーマンにも人気です。

ハピネス店内では、地域の方の作ったハンドメイドのバッグやアクセサリーも販売していて、地域とのつながりも感じられるお店です。
一人で切り盛りされているので不定休なため、不意なお休みがあることと、駐車場が少なく、止めにくい点も注意が必要です。

宮崎県の「釜揚うどん岩見」で魚ずしと食べる釜揚げうどんは最高の至福

宮崎市「釜揚うどん岩見」は、市街地から青島方面へ向かい、青島駅前の老舗なうどん店となります。

店名:釜揚うどん岩見
住所:宮崎県宮崎市青島2-9-5
電話:0985-65-1218

岩見は、観光のお客さんが多く訪れる宮崎では有名な釜揚げのうどん屋さんとなります。

お味も間違いないものでもありますが、ここら近辺は青島海水浴場や、青島神社含め宮崎市の観光スポットであるため、県外のお客さんも観光途中に寄って食するには最高に適した場所にあると言えます。

おうどんは、宮崎うどんの特徴ともいえる決して腰の強い麺ではありませんが、やや細めの、丁度食べ応えを感じる程度の柔らかさです。

またつけ汁も、しっかりと面と絡む程度の濃ゆさに仕上げられており、一緒に食べた際のお味は非常に上品さも伝わってきます。

それから岩見に訪れた方の大半は、魚ずしをうどんと一緒にオーダーするのが定番です。

この魚ずしは、青島港から上がった新鮮な光り物であり非常に美味しいし、おそらく岩見の魚ずしは、宮崎うどん店の中でも一番うまい魚ずしと言って過言ではないでしょう。

相場は釜揚げが550円で、魚ずしが1個100円ですから、一人1000円でお釣りが返ってきますのでかなりリーズナブルなお店と考えていいと思います。

また、岩見は人気店でお昼は大抵人の行列です。
少し余裕を持って来店してください。

桃の屋、小田原市栄町にある女性でも入りやすい美味しい塩ラーメンのお店

店名:桃の屋
住所:250-0011 神奈川県小田原市栄町2丁目10−8
電話:0465-25-5485

桃の屋は小田原駅東口から錦通り商店街方面に10分ほど歩いたところにあります。
東京で修行した女性店主が最近故郷の小田原でお店を出したそうで、店構えはとても可愛く女性でも入りやすいお店です。

桃の屋の店内はこじんまりしていて、L字型に9席ほどカウンター席があるだけなので、すぐに満席になってしまいます。
大変人気のあるお店なので、行列ができることが多々あります。

ラーメン好きには評判のあっさり塩玉ラーメン900円は、あっさりしているのにコクがありとっても美味しいです。
スープは鶏と魚介の旨味が口に入れると広がり塩漬けレモンの酸味がアクセントになります。

そして豚バラロールはほろっととろける様な柔らかさで、鳥団子は軟骨が入っているので、歯ごたえがよくしっかりと旨味を感じることができます。
こんなに美味しい塩ラーメンは滅多に出会えないと思いました。

そして桃の屋は、チャーシュー丼とカレーがついたセットもあります。
私はカレーを注文したのですが、鳥出汁で四時間煮込んだというポークカレーは濃厚な味わいでとっても美味しかったです。
このカレー目当てのお客さんもいるんじゃないでしょうか?

また女性店主らしくデザートメニューも用意されているので、桃の屋は女性には本当にオススメなお店です。

ダズル、東京都中央区銀座で女の子を喜ばせるイタリアンレストラン

銀座で女の子が喜ぶお店を聞かれたら、ダズルを紹介すれば間違いない。

待ち合わせはお店にしよう。
そこからがプレゼンテーション。

ダズルのエレベーターのドアが開くとそこはキッチン。
あれ、、間違えた?と思っていると奥へ通される。

そこにあるのはオシャレなバー。
そう、ウェイティングバーだ。
ここで待って一杯飲んで待ち合せたら、そのあとまたエレベーターに乗って移動する。

ダズルのエレベーターがまたすごい。
上につきそうになると一旦シャンデリアの明かりが消えるのだ。

そのすきに、キスをする、そういう算段らしい。
なんという凝った演出なのだろうか。

そしてそのエレベーターの扉があけば、そこはパリの劇場レストランのような豪華でおしゃれで大人な雰囲気。
「わぁ!」と声が出るほど素敵。

男性同士や夫婦、仕事仲間っぽい人たちなど、とにかく大人な人々がたくさん。
運ばれてくるお料理もお店の演出をまたぐっと引き立てるような目にも美しいものばかり。

しかも、このダズル、お値段がそれほど高くないのだ。
夜も二人でもお酒を少し飲んで10000円以下だった。
なんということ。

これはリピート間違いなし。
ダズルはすべらん店。
悪用禁止。

店名:RESTAURANT DAZZLE レストラン ダズル
住所:東京都中央区銀座2-4-12ミキモト ギンザ2 8階・9階
電話:03-5159-0991